きめつのやいばしのぶまんが。 【鬼滅の刃】蟲柱「胡蝶しのぶ」の強さ・死亡理由|カナエとの過去

【鬼滅の刃】蟲柱「胡蝶しのぶ」の強さ・死亡理由|カナエとの過去

その隙をついて、カナヲと伊之助が童磨の首の切断に成功するのです。 過去、鬼に姉を殺されており、鬼を恨んでいます。 現代編の子孫・転生者について 胡蝶しのぶの名言セリフ(毒舌) 元々短気で勝気な性格だったこともあり、時おり刺々しい言葉を放つしのぶ。 「 鬼を哀れむべき。 元々短気な性格でしたが、頻繁に笑顔を振りまくようになります。

Next

【鬼滅の刃】蟲柱「胡蝶しのぶ」の強さ・死亡理由|カナエとの過去

これは胡蝶カナエの夢であり、しのぶはこの夢を受け継ぐことを決意します。 カナエと姉妹の関係かは確定していませんが、現代にて再び最愛の姉と再会することができたのでした。 上弦の弐に勝てたのは、しのぶの死があってこそでした。 しのぶは無限城内で、 姉の仇である童磨と対峙。 無惨討伐の逆転の一手となります。 最終決戦編 鬼の始祖無惨と生き残った隊士たちがついに対峙。

Next

【鬼滅の刃】蟲柱「胡蝶しのぶ」の強さ・死亡理由|カナエとの過去

胡蝶しのぶとは、鬼殺隊の最高戦力「柱」の1人です。 残虐な言葉で鬼を追い込み、流麗な蟲の呼吸で鬼を討伐。 首を切らない特殊な戦闘方法のため、蝶のように舞い蜂のように刀を突き刺す独自の型「蟲の呼吸」を使い戦います。 致死量の70倍に相当する毒を摂取した童磨は、全身がドロドロに崩れ落ち、立つこともままならない状態。 約1年間かけて しのぶの全身に仕込まれた毒は計37kg。 「とっととくたばれ糞野郎」 カナヲと伊之助に首を切られた上弦の弐「童磨」は、死後の世界と思われる場所でしのぶと再会。

Next

【鬼滅の刃】蟲柱「胡蝶しのぶ」の強さ・死亡理由|カナエとの過去

しかしその裏には 「鬼と仲良くする」という姉の想いを継ぎたいと思う面もあり、鬼との接し方に日々葛藤しているのでした。 2つ目は「 鬼を殺し、鬼と人を救うこと」。 そんなしのぶの印象的なセリフを一部ご紹介します。 渾身の一撃を放つも毒を分解され、童磨に吸収されてしまうのでした。 柱3人分に匹敵する上弦の鬼を相手にしながら戦うしのぶ。 ついには炭治郎1人になってしまいますが、 しのぶと珠世が共同開発した薬が発動し、無惨を大幅に弱体化。

Next

【鬼滅の刃】蟲柱「胡蝶しのぶ」の強さ・死亡理由|カナエとの過去

主役級キャラクターの紹介記事 最愛の姉の死後、姉の思いを絶やさぬために、しのぶは2つのことを実行します。 首を切らない特殊な戦闘方法のため、蝶のように舞い蜂のように刀を突き刺す独自の型「蟲の呼吸」を使い戦います。 高校生として、 カナエの転生者と仲良く登校する姿が描かれています。 2つ目は「 鬼を殺し、鬼と人を救うこと」。 また、しのぶが人に対して初めて辛辣な言葉を口にしたシーンでもあり、しのぶのセリフの中でも特に印象的です。 しかし、土壇場で しのぶが体に仕込んでいた毒が童磨を弱体化。

Next

【鬼滅の刃】蟲柱「胡蝶しのぶ」の強さ・死亡理由|カナエとの過去

そんなしのぶの印象的なセリフを一部ご紹介します。 感情をあまり出さない義勇ですが、この一言には流石に気にする仕草を見せます。 』の雪ノ下雪乃や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の新垣あやせなど、可愛らしい女性キャラを演じられています。 』の雪ノ下雪乃や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の新垣あやせなど、可愛らしい女性キャラを演じられています。 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 そして6巻では、ふわふわしているように見えながらも、 実は心の底では抑えきれないほどの「怒り」を持っているしのぶの内面が描かれています。

Next

【鬼滅の刃】蟲柱「胡蝶しのぶ」の強さ・死亡理由|カナエとの過去

しかしその裏には 「鬼と仲良くする」という姉の想いを継ぎたいと思う面もあり、鬼との接し方に日々葛藤しているのでした。 しのぶは上弦の弐が女を喰うという情報を事前に手に入れており、自分の体に毒を仕込みあえて喰われることで倒すことを画策していたのです。 元々短気な性格でしたが、頻繁に笑顔を振りまくようになります。 致死量の70倍に相当する毒を摂取した童磨は、全身がドロドロに崩れ落ち、立つこともままならない状態。 隊士の怪我の治療も行う 両親が薬学の仕事に従事していたこともあり、鬼を殺す毒の開発だけでなく、回復医療にも精通しています。

Next