おお の まつ 親方 退職。 元阿武松親方は退職 音羽山が阿武松襲名し部屋継承

阿武松親方、任期途中で“電撃退職”の謎 夏場所の場内説明で言い間違え、2場所連続で全休… (1/2ページ)

人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。 手島 広生(てじま -)1984年11月場所-1985年1月場所• 日刊スポーツ. 錣山 広生(- ひろお) 1990年9月-1992年9月• ボクシング [6月25日 22:13]• 同月26日の理事会で、阿武松は阿武松部屋付きの21代音羽山(元幕内・大道)と名跡交換をし、阿武松部屋は21代音羽山改め13代阿武松が継承、22代音羽山となった自身は退職することが承認された(全て2019年9月26日付)。 ボクシング [6月26日 15:25]• 療養しているとは聞いているが、そこから先は何も…」と歯切れが悪い。 現役名年寄一覧 [ ]• 90年名古屋場所限りで現役引退後は94年10月に部屋を創設。 大相撲 [6月27日 7:40]• 現役引退後、所有のを借株で襲名し、2020年2月に音羽山へ名跡変更。

Next

阿武松親方 退職意向!理由は体調不良?!以前に引きこもり報道!

来歴 [ ] 角界入り [ ] 元々は兄と同じ警察官を志望していたが、親方(元・)に説得されて地元のを2年生終了の時点で中退して押尾川部屋に入門し、3月場所において17歳でを踏んだ。 引退後は寺尾が所有するを借りて年寄・を襲名して押尾川部屋の部屋付き親方となった。 現職理事が任期途中で角界を去るとなれば異例で、部屋は音羽山親方(37)=元幕内大道、本名中西健二、東京都出身=が継承する予定。 引退後、独立 [ ] 親方となってから自ら部屋を持ちたいという思いが強くなり、外の元小結・ から名跡を買い、9月に年寄・12代阿武松を襲名した。 Infoseekニュース 2019年5月25日. 2010年には協会理事選挙に強行出馬した貴乃花親方(元横綱)と行動を共にし、二所ノ関一門を離脱した。 幕内在位は20場所。 ボクシング [6月25日 22:13]• 日本相撲協会は26日の理事会で、年寄阿武松(58=元関脇益荒雄)の年寄音羽山の継承・襲名と、年寄音羽山(37=元前頭大道)の年寄阿武松の継承・襲名を承認。

Next

現役年寄一覧

これは1957年に大相撲が年6場所制に移行してから入幕した力士の中で、最高位が関脇の力士としては最も少ない(逆に最高位が関脇の力士で幕内在位場所数が最も多い力士はで99場所、の97場所がこれに次ぐ)。 実力がありながらも度重なる怪我のために十両で相撲を取ることも多かったものの、十両では実力的に突出していたこともあり、通算で全5回もの十両優勝を果たしている。 差し身の鋭い速攻を生かし、新小結だった87年春場所で千代の富士、双羽黒の2横綱に加えて4大関を撃破。 2019年9月23日閲覧。 94年に阿武松部屋を興し、弟子が野球賭博問題に関与して降格処分を受けた一方、阿武咲らを育てた。

Next

元関脇益荒雄の阿武松理事が退職へ 体調不良、慰留受けるも意思固く

後の・やらと同期である。 ボクシング 大橋ジム王者清水ら無観客興行でPCR検査実施 []• 93 所属部屋 得意技 右四つ、寄り、下手投げ 成績 現在の番付 引退 最高位 西 生涯戦歴 387勝329敗86休(68場所) 幕内戦歴 111勝125敗64休(20場所) 優勝 十両優勝5回 賞 2回 2回 1回 データ 初土俵 3月場所 入幕 9月場所 引退 7月場所 引退後 ・12代 他の活動 日本相撲協会理事(1期) 2018年3月 - 2019年9月 備考 2個(1個、1個) 現在 目次• これまで横綱5年が8人、大関3年が2人いたが、2015年2月12日に琴欧洲親方が鳴戸を襲名して以降、該当者はいない。 デフォルトでは50音順に配列。 大相撲 [6月25日 19:43]• かつては、元貴乃花親方が率いた一門に所属していた。 その引っ越しなど、慌ただしい日々が続きそうだが「厳しい方だったけど(同時に)優しさ、思いやりのある師匠だった。

Next

元関脇益荒雄の阿武松理事が退職へ 体調不良、慰留受けるも意思固く

22日の阿武松部屋の秋場所千秋楽パーティーでも辞める旨を出席者らに報告した。 大相撲 [6月23日 9:01]• 541• 関連項目 [ ]• また、は引退時日本国籍を取得していなかったため一代年寄の話は持ち上がらなかった。 現役時代は1987年春場所で千代の富士ら2横綱4大関を撃破。 現在、の名跡を襲名した者は、代々「大五郎」の名も名乗っている。 これは歴代における十両優勝回数の最多記録である。

Next

阿武松親方 退職意向!理由は体調不良?!以前に引きこもり報道!

その後は一時「手島」の名に戻していた時期もあったが、3月場所において「益荒雄」に再改名してからは引退までそのまま通した。 37歳の若さで部屋を継承した阿武松親方は「(阿武松は)師匠とおかみさんの魂が入った名跡。 大相撲 [6月24日 8:00]• 5位 28場所(5場所)• 元小結・富士錦の6代高砂親方は部屋継承後、一時期「高砂彰伸」と名乗っていたが、間もなく「浦五郎」に改めている。 ただし、通常、「木村瀬平」は「木瀬」、「式守秀五郎」は「式秀」と省略して、部屋名は「(きせべや)」「 (しきひでべや)」、親方名は「木瀬親方(きせおやかた)」「式秀親方(しきひでおやかた)」と呼び習わす。 各段優勝• なお、上位5人の力士は全員が三賞を受賞しているが、5回も受賞している力士は益荒雄のみである(その他にを2個獲得している)。 審判部長を務めていたが、体調不良のため、7月の名古屋場所から休場が続いていた。

Next

元阿武松親方は退職 音羽山が阿武松襲名し部屋継承

この時期には、横綱・のニックネーム「ウルフ」になぞらえて一般からの公募により付けられた「白いウルフ」というニックネームでも知られるようになった。 記録 [ ] 益荒雄はその華々しい活躍によって関脇にまで昇進したが、その反面怪我が大変多く、幕内在位場所数は20場所に過ぎない。 8月下旬から先代が力士1人1人に退職の意向を伝え、入退院していたこともあり、稽古場の指導は自分と、同じ部屋付きの不知火親方(35=元小結若荒雄)の2人に任されていたという。 大相撲 [6月24日 18:07]• 錣山 宏夫(しころやま ひろお) 1990年7月-1990年9月• 手島 広生(てじま ひろお)1979年5月場所-1983年5月場所• 外部リンク [ ]• 11日目の - 戦では、阿武松が両力士のしこ名とつま先やかかとの部位が混同された説明を行ったことで混乱を招き、場内が騒然とした。 相撲・格闘技 朝乃山、無心で挑め大関場所/大ちゃん大分析 []• 現親方の役職の列は役職の高位順にソートされる。

Next