テクニカル ショウ ヨコハマ 2020。 有限会社セルコトロン

『テクニカルショウヨコハマ2020』を開催します 横浜市

そのうえで、畔津昭彦教授(工学部機械工学科)、高橋俊准教授(工学部動力機械工学科)、山本憲司教授(工学部建築学科)らとの共同研究によりエンジン内部にあるシリンダー周りのオイルの流れの可視化に成功し、高効率化に道筋をつけた成果や、金属の表面加工技術を応用してディーゼルエンジンから発せられる有害物質の量を劇的に減らす革新的な排ガス浄化システムを紹介しました。 ご来場の皆様ありがとうございました。 主催 (一社)横浜金沢産業連絡協議会、横浜市金沢団地(協)、横浜市経済局、金沢区 終了しました。 ご来場の皆様ありがとうございました 【テクニカルショウヨコハマ2019に出展】 テクニカルショウヨコハマ2019は盛況の中、終了いたしました。 ロボット、 IOT、加工技術、機器・製品・装置、研究開発、ビジネス支援の 6つのゾーンに過去最多の 830社・団体が出展し、えりすぐれた技術を披露しました。 17 2019. この電磁波シールド樹脂めっきは、プラスチック上に均一な金属膜を形成することができるため、プラスチックの物性を活かしながら、金属材料に近い40dB以上のシールド効果を発揮する、というものです。

Next

第41回工業技術見本市 「テクニカルショウヨコハマ2020」|【公式】横浜市観光情報サイト

2021 年は 2 月 3 日(水)~ 5 日(金)の 3 日間開催の予定です。 横浜を舞台に過去40回の開催の歴史があり、地域に根ざした見本市として評価されております。 詳しくは、をご覧ください。 ご来場の皆様ありがとうございました。 そのため静かなのが特徴です。 厳しい競争を生き抜くための加工技術等の研究事例、取組みについてご紹介します。

Next

「テクニカルショウヨコハマ2020」に出展しました|東海大学

04 テクニカルショウ2020のwebサイトを公開しました。 ロボットとの通信は920MHz無線通信で、他の通信機器との混信を防止。 そして今回、2019年12月に発表した、静かで滑らかな駆動ができ、人々が行き交う場所によく馴染む「台車型 自動移動ロボット用 ダイレクトドライブ車輪ユニット」が展示されていました。 ロボットを使いこなせる社会へ~ロボットの開発から普及への統合的な取組~【定員150 人】 日時 2月6日(木) 13:00~14:00 会場 特設セミナー会場 タイトル ロボットを使いこなせる社会へ~ロボットの開発から普及への統合的な取組~ 講師 【モデレーター】 東京大学名誉教授 佐藤 知正 氏 【スピーカー】 一財 先端ロボティクス財団 理事長/ 一社 日本ドローンコンソーシアム 会長/ 千葉大学名誉教授 野波 健蔵 氏 相模湖リゾート 株 代表取締役社長 道本 晃一 氏 株 カンブリアン・プロジェクト 代表取締役/ 東京都中小企業振興公社 ロボット相談員・導入前適正化診断員 原 広仁 氏 詳細 産業用ロボット市場の成功から「ロボット大国」と呼ばれる日本。 178• 注 労働生産性は、1人が1時間に生み出すGDP 国民総生産 主催 主催(公財)神奈川産業振興センター 共催(株)国際協力銀行 終了しました。

Next

テクニカルショウヨコハマ2020

新規事業で「ロボット開発」へ参入した企業 そうした中、産業用・生活支援ロボットのゾーンで印象的だったのが、新規事業としてロボットの開発に取り組み、出展している企業があったことでした。 【中古巻線機引き取ります】 コイル製造を廃業される方などよりご連絡ください。 この成功例をサービスロボット市場にどう活かすことができるか。 付加価値を生む設計・加工技術の動向 ~日本機械学会神奈川ブロックコラボレーションセミナー~【定員150 人】 日時 2月6日(木)15:00~16:30 会場 特設セミナー会場 タイトル 付加価値を生む設計・加工技術の動向 ~日本機械学会神奈川ブロックコラボレーションセミナー~ 講師 リカザイ、イースタン技研、アサイエンジニアリング、CIJ 詳細 AI、自動運転等新しい技術が拡大している中、国内産業は海外との競争を強いられながらも、高度な付加価値を創出し発展しています。 欧州に14年間、自動車関連に従事した経験から最前線を語る。 232• 横浜を舞台に過去40回の開催の歴史があり、地域に根ざした見本市として評価されております。

Next

テクニカルショウヨコハマ2020

産官学連携センターでは、2月5日から7日までパシフィコ横浜で開催された「テクニカルショウヨコハマ2020(第41回工業技術見本市)」に出展しました。 31 ご来場の皆さまへ 新型コロナウイルスの感染症の予防のため、咳エチケットや手洗いを徹底してください。 たくさんのご来場ありがとうございました。 神奈川県内はもとより 20の都府県からも出展があり回を重ねるごとに全国区の展示会に成長しております。 30%を超えるエネルギー変換効率を実現し、企業などとの共同研究も積極的に展開していることに触れ、「工学分野の研究は、研究室でよい実験結果が出ても社会の役に立たなければ意味がありません。 また、特別企画である「小規模企業コーナー」を設置します。

Next

テクニカルショウヨコハマ2020開催(第41回工業技術見本市)

同時に、多くの企業と知り合い、新規取引先、ビジネスチャンスの獲得の場としても絶好の機会です。 本イベントで掲示したポスターのPDFは以下よりダウンロードができます。 【内職募集のお知らせ】 上田市近辺で内職を募集しております。 日本精工の要素部品技術やメカトロ技術と、WHILLのモビリティ開発技術を融合し、パーソナルモビリティの創出と普及に向けて、連携を図っていくなど、ロボット事業にも積極的に取り組んでいました。 なお、ビジネスマッチングへの参加を希望する場合は、以下の神奈川県ホームページよりヒアリングシートをダウンロードし、お申込みください。 この静けさを利用して、病院や大型図書館などの公共施設で活用できないか、と思っています」 また、バックドライバビリティがあり、接触時など人が台車を押しのけるなど、手動操作も可能だ。 ブースでは、本ユニットに参加する研究者が、企業の研究者や技術者にプロジェクトの全体像や個々の研究成果、今後の展開などを解説。

Next

【開催直前】「テクニカルショウヨコハマ2020」に出展(2月5日~7日)

電磁波を元にレーダーによって、車と車の距離を一定に保つ衝突防止装置などが搭載されている電気自動車に、電磁波シールドは不可欠な技術になってきています。 神奈川県下最大級の 工業技術総合見本市! テクニカルショウヨコハマは、神奈川県下最大級の工業技術・製品に関する総合見本市です。 ただし小規模コーナーは受付中です! 2019. 【テクニカルショウヨコハマへ出展】 テクニカルショウヨコハマ2016は盛況の中、終了いたしました。 このイベントは、公益財団法人神奈川県産業振興センターや神奈川県などが毎年開催している神奈川県下最大級の工業技術・製品に関する総合見本市です。 その例として、まず取り上げたいのが日本精工 NSK です。 主催 (主催)中小企業庁創業・新事業促進課 (共催)Digima~出島~(株式会社Resorz) (後援)公益財団法人神奈川産業振興センター事業部国際課 終了しました。

Next