ピューリタン 革命。 ピューリタン革命(ピューリタンカクメイ)とは

清教徒革命

トランター、P275。 信仰面ではイングランド長老派とほぼ同じである。 外国の干渉戦争の有無 フランス革命には列強の干渉戦争があり、それに対する祖国防衛があったからこそ革命政権とサンキュロットは急進化した。 ほぼ国教会信徒によって構成された。 フランス革命が18世紀的に複合的だったように、イギリスの革命は17世紀的に複合的だった。 チャールズ1世の処刑 ピューリタン革命が進行するなか、1月4日下院のみの決議で国王処刑のための最高裁判所が設置され、20日から裁判が開始された。 クロムウェルの勝利 1644年7月、マーストン=ムーアの闘いでの議会軍の勝利に貢献したクロムウェルは、その勝利を背景にして、長老派を議会軍から追放し、議会軍全体を(ニューモデルアーミー)に改組することに成功した。

Next

ピューリタン革命(ピューリタンカクメイ)とは

1980年代には修正主義と正統学説の間で論争もおこっている。 英米におけるピューリタンの伝統 (A. その後、戦いのなかで頭角を表したオリバー・クロムウェルが「護国卿」という最高統治権をもつ官職に就任。 アメリカ・ピューリタン研究 ( 日本基督教団出版局、1981年3月)• 実際の国政は議会が大きな影響力を持ち、回帰への志向と実情の落差は次第に溝を深めてゆくことになった。 こうして社会的・経済的に追いつめられた人々が急進的な思想を醸成していった。 1625年に即位した次のも財政難に苦しみ、議会の同意を得ないで課税したり、貴族に献金を強要しようとした。 そのため一時はアイルランドに兵を差し向けたが、議会軍との戦闘が始まると、アイルランドどころではなくなり和平に傾いた。 一連の戦闘を指揮していたのはクロムウェルであり、この華々しい戦果に圧倒的な名声を得た。

Next

ピューリタン革命(清教徒革命)とは イギリスの歴史|Histoire イストワール

特にイングランドではの影響を受けて民衆運動となり、次第に過激化・大規模化していった。 アメリカ古典文庫15 ピューリタニズム(大下尚一訳・解説 、1976年)• 後に独立派によって弾圧され衰退した。 イングランドは 国王による支配から共和政に転換したため、これが革命と言われたのです。 これがイギリス革命(ピューリタン革命)の発端となった。 これがピューリタン革命である。 この親政時代(1629年 - )は"Eleven Years' Tyranny"(、専制の11年間)とよばれる。 中立派 [ ] 便宜上中立派とよばれるが、まとまりのある党派ではなく、各党派をむすびつけて和解に至ろうとした個人を総称していう。

Next

ピューリタン革命とは簡単にわかりやすく言うと何?カトリック・プロテスタントとの違いは?

42-51、、2004年。 長期議会の初期に可決された改革立法の多くがそのまま認められ、イギリスの国制のなかに定着したからである。 同月にチャールズ1世が処刑されると、衝撃を受けたアーガイル侯・リーヴン伯・レスリーらは一転してイングランドと決別し、盟約軍はチャールズ2世を擁立して第三次イングランド内戦を引き起こしたが、それはクロムウェルの再度の来寇という事態を招き1650年のダンバーの戦いで大敗、盟約軍の足並みが乱れさらなる分裂を引き起こした。 こうした修正主義によって明らかにされた研究成果は多岐にわたったが、なかでもイングランド一国史観に対して包括的なブリテン史を提唱した点は耳目を集めた。 「17世紀の危機」 [ ] かつての歴史研究において、革命の原因であると主張され論争がたたかわされた「」は、現在ではあまり顧みられなくなっている。 <大塚久雄『歴史と現代』1979 朝日選書 p. 清水、P167 - P172。

Next

ピューリタン革命とは簡単にわかりやすく言うと何?カトリック・プロテスタントとの違いは?

<近藤和彦『文明の表象 英国』1998 山川出版社 p. この戦費を捻出させる為には税金をもっともっと増やさなければならないわけです。 アーガイル侯は独立の危機に際し等級法を廃止、かつて排除した穏健派(決議派)と手を組んでクロムウェル軍に備えたが、これを認めない少数の強硬派(抗議派)は離脱、内紛に乗じたクロムウェルがスコットランド人に聖職者批判を通して説得、応じたスコットランド人が次々と降伏し南部はクロムウェル軍に制圧され盟約派は追い詰められた。 しかし革命の全期間を通じて、議会が主導権を握っていたのはわずかな時間にすぎない。 国王軍のロンドン進撃は直前で中止され、にエセックス伯軍と国王軍が衝突した ()は決着がつかなかったとはいえ、劣勢に追い込まれた議会軍はを司令官とするを結成、クロムウェルは副司令官として東部防衛に全力を挙げ、国王派の蜂起を鎮圧しつつ北部のフェアファクス父子と協力、南下したニューカッスル伯の軍をの ()で撃破、東部を確保し名声を高めた。 これはのちにやにつながってゆくことになった。 こうした情勢にもチャールズ1世は王権神授説を捨てず、議会に対して予算を要求するのみだった。

Next

ピューリタン革命(清教徒革命)とは イギリスの歴史|Histoire イストワール

1642~1649年にかけて、イングランド・スコットランド・アイルランドで起きた内戦のことです。 1654年、クロムウェルは4男のをアイルランド軍最高司令官に任命し、フリートウッドとの衝突が懸念されヘンリーのアイルランド行きは遅れたが、翌1655年7月にアイルランドへ赴任させ9月にフリートウッドと交代、かの地の安定化をはかった。 しかし、指導者自身が独裁政治を行うようになって民心が離れ、その死後はとなる。 戦闘開始後ほぼ2年間は国王軍に有利であった。 山本、P127 - P130、清水、P163 - P164。 彼ら反乱勢力は国王軍とどうにか和平を結んだが、共和政イングランドによるクロムウェル遠征にあって鎮圧された。

Next

ピューリタン革命とは簡単にわかりやすく言うと何?カトリック・プロテスタントとの違いは?

なお、アーガイル侯は王政復古の後叛徒として処刑され、モントローズ侯は英雄となった。 1625年に王位を継承し、父親であるジェームズ1世が開いたステュアート朝の2代目国王となりました。 名誉革命とは、1688年~1699年にイギリスで行われた革命です。 これによってイギリスは、国王の存在しない共和制国家、当寺イギリスではと言われる国家となった。 チャールズ1世の側近として専制政治を主導した、 ウェントワースとロードの弾劾• また、この革命は新興の市民階級が封建的諸勢力を打倒した市民革命であるという見方もある。 出典 旺文社世界史事典 三訂版 旺文社世界史事典 三訂版について の解説 【エリザベス時代】より …彼と同時代またはその後の劇作家には,風刺喜劇の型を確立したベン・ジョンソン,ロンドンの民情を背景にメロドラマを多作したトマス・デッカー,高揚された詩的表現を用いて迫力に富む流血悲劇を作り上げたジョン・ウェブスター,冷徹皮肉な人間性の観察者トマス・ミドルトン,純化された情念の輝きを耽美的に追求したジョン・フォードなどがいる。

Next

清教徒革命

独立派 の1つ。 これに対して国王は自ら兵を率いて乗り込もうとしたが失敗し、戦わずして兵を引き揚げた。 反乱の理由は宗教問題でした。 しかしイングランド内戦は議会軍の勝利に終わり、モントローズ侯は戻ってきた派遣軍・アーガイル侯と対立したが戦闘は農繁期で、モントローズ侯のもとにはほとんど兵は集まらず勝負にならなかった。 トマス・ウェントワース アイルランドでは、入植政策で土地を奪われた人々が強い怒りを持っていたことから、 カトリックへの信仰を強める 「カトリック同盟」が結成され、その後アイルランドは自立への道を歩みます。 ストラフォード伯はから1640年4月までアイルランドへ赴任、ロードと同じく国王に服従させるため監督制の強制と収奪を行い、アイルランドの財政均衡に成功しイングランド本国にも利益を上げることが出来た。 しかしこの制度はすぐに破綻をきたし、反乱分子を抑えるために強権的にならざるを得なかった。

Next