パワプロ クロスナインイベント。 【パワプロアプリ】サクチャレ[クロスナイン高校]攻略のポイント

【パワプロ2018】隠しイベントの発生条件と効果【栄冠ナイン】|ゲームエイト

筋力ボーナス(Lv50)+技術ボーナス(覚醒)の2種類ボーナス持ち• 球持ち〇取得• 2018. 【パワプロアプリ】称号チャレンジまとめ【パワプロ】 2015. シナリオ固有キャラで評価UPが楽。 「クロスナイン」コマンドの「悩み相談」で役割の変更はできますが、なるべく偏りすぎない編成が良い。 2016. 隠しイベントの発生条件と効果 特定の日付のマスに止まることで隠しイベントは発生します。 このデッキのデメリットポイント• 2015. このデッキの立ち回りのポイント• どうしても「歌唱」や「演技」などで固めてしまうと経験点のカンストが起こりやすくなるので、上限値が大きい 変化球ptを大きく稼げる、「 ダンス(レンジャー)」がおすすめです! 虹谷 上記の「虹谷」も一度の練習で 3つの経験点を獲得できる練習( 球速・変化)の得意練習を持っているのでお勧めのいべきゃらです。 2016. 日程とテーマはクロスナインコマンドであらかじめ確認できる。

Next

パワプロアプリのクロスナインでPG先発を作る話|ねこじゃらし|note

2018. 2017. パワプロ2018栄冠ナインのTV局取材で特殊能力取得 甲子園出場決定時のTV局の取材(インタビュー)内容 【日程】• (球速上限アップ1人、スタミナ上限アップ1人、コントロール上限1人)など。 筋力ボーナス(Lv50)+技術ボーナス(覚醒)の2種類ボーナス持ち• 2018. コントロール上限アップで査定を伸ばせる。 平均レベルやレアリティは高ければ高いほど練習経験点が増加する仕様。 得意練習は固まっている方が良い 「球速練習」「変化球練習」は有能なキャラクターも多いので固めるデッキ編成ではおすすめです。 【パワプロアプリ】アンドロメダ学園攻略まとめ【パワプロ】 現状のクロスナイン高校は投手育成に向いている高校ですが、今後の野手育成への展望を記載しています。 【センス〇】なし• ボーナス値を持った対応イベキャラ 役割をなるべく固める 今回のイベントで実践してみた感想で、特におすすめなのが、「 ダンス(レンジャー)」に統一することです。

Next

【パワプロアプリ】クロスナイン(十文字東高校)の固有イベント解説

デッキにセットしたイベキャラには4つのタイプとレベルに分かれます。 初期評価が高い 初期評価が高いとその分タッグ発生が早くなる。 タッグ性能が高い• 機動力を鍛えたことが大きいです• お気に入りの称号を探して、他のユーザーにアピールしよう。 2017. このデッキのメリットポイント• 2020. 取得できる青特は各選手1つまで。 所持カードの進行数を全て1にする「スケジュール緩和極意書」の使いどころです。 ゲーム開始時点での実行可能回数は1回。 『』の金特のコツを確定で獲得できる。

Next

【パワプロアプリ】クロスナイン(十文字東高校)の固有イベント解説

Lv50で練習効果アップ30% 明神• 2014. 二種練のキャラは星1つ、二刀流・単練キャラなら星2つとなり、星が多い方がより効果のアップ量が大きくなる。 2017. 『』の金特のコツを確定で獲得できる。 『 ギアチェンジ』のコツも不確定だが獲得できる。 『 エースの風格』のコツも不確定だが獲得できる。 なので個人的には往田もバウンサーにして、得意練習率upもちを全員近いレベルにしておくと技術の問題は解決される印象です。

Next

【パワプロアプリ】サクチャレ[クロスナイン高校]攻略のポイント

栄冠ナインの攻略はこちらもよく読まれています。 タイプ:レンジャー• 2018. 2015. そのため、 一度VR練習を発動しないとゴールドセルを再度所持しない点に注意。 【シナリオ】• デッキはこんな感じです。 『』のコツを不確定で獲得できる。 【最終ランク】SS8(先発)• ボーナス値を持った対応イベキャラ 役割をなるべく固める 今回のイベントで実践してみた感想で、特におすすめなのが、「 ダンス(レンジャー)」に統一することです。

Next

【パワプロアプリ】逆境転生クロスナイン十門寺東高校攻略まとめ【パワプロ】

タイプ:バウンサー• ただ、のための筋力ptが不足になりがちな点が懸念点。 『』の金特のコツを確定で獲得できる。 タイプ:スナイパー• 2016. 走力バースト 黒戸• タッグ発生が早くなることで 早期からクロス練習やアイドルハートでの獲得経験点を増やせるところが優秀。 『』のピース。 『オクトスモーク』を不確定で獲得できる。 アイドルバトルステージ アイドルフェイズの2週目コマンド後に発生するイベント。

Next