北斗の拳天昇 設定6。 北斗の拳天昇の設定差や設定判別・示唆演出は?6確456確や高設定確定の重要演出を紹介!

【北斗の拳 天昇】これが設定6??圧倒的に初当たりの軽い台を打った結果!

弾球黙示録カイジ沼4 カイジVer. 強敵図柄は1個出現につき1レベルアップとなり、強敵図柄揃いは当該バトルの勝利濃厚です。 CZ天井到達時は、CZ突入はもちろん激闘ボーナスへの突入も確定します。 蒼天の拳 双龍• 」は通常C以上、「ヘブン!! AT初当たりはREGでカウントされている店舗が多いですが、 設定6は12-13回以上が 大体の目安になりそうです。 ですが、なぜか300ゲーム台で断末魔ゾーンに入って、レア役無しで天井っぽい当たり方をしました。 モード天井からの断末魔ゾーン中は必ず勝利確定となる。

Next

北斗の拳天昇|設定6の挙動・設定差を約93万Gの実戦値から徹底解析|期待値見える化だくお|note

さらに天候変化が頻繁に起こるほど高モードにいる可能性が高まる。 真・天昇RUSHは王道バトルタイプの「世紀末モード」と完走型STタイプの「修羅モード」の2モードから選択可能。 当たりも早いし全て2回以内にATに入ってる。 おそらく 100G以内に断末魔ゾーンに入ったら高モード示唆かつチャンスモード濃厚となります。 5% 97. 0% — — 5 1. 次戦も準備状態を経てバトルに発展。 バトル発展時はカウントダウン演出を経てバトル開始となる。

Next

【北斗天昇】ATレベル振り分け・昇天モード・昇天時の獲得枚数調整方法について

0% 強チェリー 100% スイカ 10. ここに大きな設定差がありそう。 ですが、83ゲームで突入した断末魔ゾーンをチャンス目?で通して激闘ボーナスに当選。 基本スペックや型式・筐体画像 機種名 北斗の拳 天昇 メーカー タイヨーエレック サミー系 仕様 AT 6号機 AT純増 約6. 北斗揃い時はデフォでレインボーのようです なお 北斗揃いはATレベル3確定のようです。 456枚突破 同様に456枚突破と表示されると456確定となります。 1つ目はCZ「世紀末ゾーン」。 北斗の拳天昇のゲーム性を楽しむためにも、必須知識となっているので必ず覚えておいてください• 法則性は非常にシンプルで、 有利区間開始から1回目の激闘ボーナスで真・天昇ラッシュ非当選だった場合には有利区間を引き継ぐというもの。 天井短縮の仕様 なぜ有利区間継続後がアツいのか? やめどきにおける最重要ポイントである、有利区間継続時の天井短縮について解説します。

Next

北斗の拳天昇 やめどきまとめ|有利区間継続後は即ヤメ厳禁パターンあり

感想はリゼロよりマシ — みくた XtKv4 ---------スポンサードリンク--------- 関連ページ. 5% 91. グラフ まさに6号機の4って感じのグラフ。 4:5:1の割合) 断末魔ゾーン中の抽選 断末魔ゾーン中は、毎ゲーム全役でバトル発展を抽選。 【設定別ATレベル振り分け】 設定 レベル1 レベル2 レベル3 設定1 48. サミートロフィー サミートロフィーは激闘ボナ・AT終了後、サブ液晶に表示されます。 バトル前やバトル中のレア役などで勝利抽選を行っており、 レア役以外<スイカ、弱チェリー<チャンス目<強チェリーの順で勝利期待度が高い。 1 100. ここで通常時に貯めた昇舞魂を消化し、バトルレベルか小役レベルに変換する。 獲得枚数が一定数に到達すると発生し、約2400枚に到達すると終了となります。

Next

【北斗天昇】ATレベル振り分け・昇天モード・昇天時の獲得枚数調整方法について

AT終了画面 偶数示唆 ヒョウ・サウザー 3回 奇数示唆 シン 2回 高設定示唆 リン 1回 店の傾向・台の挙動から4と結論付けました。 具体的には、 有利区間開始から400G以内に激闘ボーナスに当選している場合は130Gハマリ前後、 有利区間開始から401G以上で激闘ボーナスに当選している場合はゲーム数不問で天井狙いということで。 ここから「有利区間継続後は絶対に700まで到達しない」という仮説が導ける。 勝利できなかった場合、最終画面でレア役が引ければ引き戻し濃厚となるほか、それ以外でも引き戻し抽選が実施されます。 7% 76. 」はチャンスモードが濃厚です。 またバトル発展時には同時に勝利抽選が行われており発展契機により勝利確率も変化する。

Next

6号機北斗天昇|設定4濃厚台実践【4と6の違い】を発見!?

バトル中は赤文字セリフや「拳に力を!」が発生すれば大チャンス。 。 演出モード選択時、ラウンドパート&引き戻しパートともに遊技カスタムをすることができます。 今回もお読みいただきありがとうございました。 金保留(ファルコ)はその時点で継続確定です。

Next