イナゴ 身 重く 横たわる。 歴史改変SF小説おすすめ6選!ナチスや世界大戦がテーマの「もしも」の世界

「高い城の男」書評・感想

また未来を映したフィルムには、核攻撃で焦土と化し遺体が散乱するサンフランシスコと、ナチス兵の制服を着たジョー・ブレイクに射殺されるフランクらレジスタンスの姿が映るものもある。 割り切って読むと楽しめます。 今回読んだ「高い城の男」は映画化こそされていないものの、Amazonプライムビデオにてドラマシリーズが配信され、現在シーズン3まで続いている。 1941年にドイツに降伏し解体され、旧ロシア帝国時代からの系住民(、、など)は全て僻地に一掃されている。 本作はダーク・ピットを主人公とする海洋冒険小説シリーズの一作です。 しかも物語が交互に展開するから、「これ誰だっけ?」が頻発するため、読むんだったら2,3日で一気に読み終えてしまうか、人物表みたいなのを作ったほうがいい。 アメリカ西海岸では占領者の片方として憎まれる一方、ナチスに比べて人種や民族には寛容で、ナチスが根絶を目指すにも同情的である。

Next

被害怖しとな: 「イナゴ身重く横たわる」の世界

アベンゼンによれば一連のフィルム群には現在の時間軸の世界に実在する、鍵となる複数の人物が登場するという。 この作品の登場人物たちは、この先も自分たちの現実を生きていくしかないのです。 太平洋岸連邦の第一通商代表団の代表を務める日本人官僚。 途方に暮れたジュリアナは易経を行い、その啓示に従い、「高い城の男」に命が狙われていることを知らせるためにシャイアンに向かう。 com. 『アイアン・スカイ』の予告編を最初に見たとき、そんな感慨にふけってしまった筆者です。

Next

歴史改変SF小説おすすめ6選!ナチスや世界大戦がテーマの「もしも」の世界

『イナゴ身重く横たわる』はドイツが支配するアメリカ合衆国およびヨーロッパでは発禁本に指定され、「高い城の男」はに命を狙われていた。 2015年11月28日閲覧。 また、その間一貫してチャーチルが首相を務めている。 複数の時間軸が絡むことで、世界が史実に近づいていくのも興味深いです。 ルドルフ・ヴェゲナー の大尉。

Next

「高い城の男」書評・感想

しかも、この作品の設定では、歴史が改変されるごとに、新たな時間線が発生して、元の世界とは別の並行世界が一つできてしまうのです。 6.『邪神帝国』朝松健 デビュー作からものすごく濃いオカルトものを書いてきた朝松健が、真正面からナチスドイツのオカルト嗜好を題材にして、クトゥルー神話ものと組み合わせて書き上げた、ナチスドイツ興亡秘史がこれ。 2004年に刊行されたアメリカの作家フィリップ・ロスの作品。 それも、非常に気色悪いズラし、である。 アポロどころか、人工衛星の一つもまだ地球のまわりを回ってなかった頃の話です)へ出かけようとする、というお話です。 感想 あらすじの紹介だけで終わってしまったが、この本は冒険活劇ではない。

Next

『アイアンスカイ』を見た人に贈る10冊のナチスSF|堺 三保|note

名目上は三大戦勝国の一つで戦前のスローガン通り「新」を自称しているが、実態はドイツの衛星国でしかなく日独とは大きく差を付けられている。 その前に書いた(昨日アップした)「『プロメテウス』が食い足りなかった人に薦める10冊のSF」が編集の人にウケたのか、文字数があの原稿の4000字から10000字に大幅アップ、やはりいくつかのサブジャンルに分類しつつ、そのサブジャンルについての解説もがっちり書いてお送りする形になってます。 たくさんの主人公 この物語には人物がたくさん登場する。 直轄領は東アジアの一部だが、自国を中心としたを通じて広大な領域を間接的に統治している。 、特にその中でも的な人々を自国・他国を問わずに集めており、近年ではそうした純血種のみの文明を一から建設すべく火星移住計画など宇宙開発に執心している。

Next

被害怖しとな: 「イナゴ身重く横たわる」の世界

2015年7月25日閲覧。 装身具を手にしたチルダンは、それまで扱ってきた過去の遺物である骨董品とは違うアメリカの「未来」の姿を感じ、アメリカ人としての自信を取り戻す。 ジュリアナは、ジョーが持っていた『イナゴ身重く横たわる』に興味を持ち、「高い城の男」が住むシャイアンに共に行くことになる。 偶然世界(太陽クイズ) - ジョーンズの世界 - いたずらの問題 - 宇宙の眼 - 宇宙の操り人形 - 時は乱れて - 未来医師 - ヴァルカンの鉄鎚 - - タイタンのゲーム・プレーヤー - アルファ系衛星の氏族たち - 火星のタイム・スリップ - 最後から二番目の真実 - シミュラクラ - ドクター・ブラッドマネー 博士の血の贖い - パーマー・エルドリッチの三つの聖痕 - 去年を待ちながら - ライズ民間警察機構(テレポートされざる者 - 空間亀裂 - 逆まわりの世界 - ザップ・ガン - ガニメデ支配(レイ・ネルソンとの共作) - - 銀河の壺直し - ユービック - 死の迷宮 - フロリクス8から来た友人 - あなたを合成します - - 怒りの神(との共作) - スキャナー・ダークリー 暗闇のスキャナー - ヴァリス - 聖なる侵入 - ユービック:スクリーンプレイ - アルベマス - ニックとグリマング 短編集• 内容は「もし第二次世界大戦に連合国が勝利していたら」という世界を描いた小説。 イナゴは特定の聖書の一節、聖書の書第12章5節に関連したイメージです。

Next

『アイアンスカイ』を見た人に贈る10冊のナチスSF|堺 三保|note

フランク・フリンク の工芸職人。 作品中盤でボルマン死去に伴いが後任の首相になったが、など党長老らによる権力闘争が続いている。 灰色の目をした赤茶色の髪のアイルランド系女性。 もちろん、本稿でご紹介するからにはSFネタがきちんと含まれております。 概要 [ ] 第二次世界大戦がの勝利に終わり、とによって分割占領されているを舞台にした人間。

Next

フィリップ・K・ディックの『高い城の男』に出てくる架空小説(ドラマでは映画)...

「登場人物、多少おかしなことしても、個性とみること」、まあ、平たく言えば、ディックの小説に出てくる人間もアンドロイドもレプリカントも後ワケのわからん生物体もみんな、(クスリやっている)と思うことにしとる。 フツー、「日本とドイツが負け、連合国側が勝った」のだから、ホンマの現実と同じく、1960年代みたいに、米ソの冷戦下、と思えば、そうでない。 ディック自身も、本作のプロットを作る際に易経を利用している。 なんせ、『夏への扉』や『宇宙の戦士』の巨匠ハインラインの第一長編(しかもジュブナイル)なのです。 戦前よりロケットの開発が進んでいたドイツは宇宙開発に乗り出し、火星や金星にまで旅行できるようになった。 アメリカのSF作家、フィリップ・K・ディックが1962年に発表した長編小説です。

Next