ギガジン。 GIGAZINE

【NEW→仮処分公示書掲示】GIGAZINE倉庫破壊の現在の状況と続報まとめ

ー中略ー 「私はあの家を返してもらった」「もともとはおじいさん(=編集長の祖父)に貸したのであって、この人(=編集長)のことは一切知らない」と虚偽の主張をし始めました。 第1回は、スーパークリエータの井上恭輔さん。 私は何のことやら戸惑うばかり。 GIGAZINE 2019年3月29日. そもそも「故意性」って何だよ。 GIGAZINE停電ブロガーのヒラノ( )です。

Next

【NEW→仮処分公示書掲示】GIGAZINE倉庫破壊の現在の状況と続報まとめ

今回は「高齢者」「出版」「iPhone」「セキュリティ」「GIGAZINE」について紹介しよう。 INTERNET Watch. 今週はその中から、iPhone、情報セキュリティ関連のエントリーなどを紹介する。 自分の主張の正しさを証明するために、お互いに積極的に証拠を提出し合い、どちらの言い分が正しいかを裁判所が判断します。 「多数の何者かに取り囲まれている」というのはGIGAZINE読者の支援者の方たちで、その中には『公安』の方もおり、解体作業を行うにあたっての警備の不備や不手際を次々と指摘。 山崎恵人『GIGAZINE 未来への暴言』朝日新聞出版、2010年• 11後のメディアと若者(2): ネット媒体が誕生してから、10年以上が経過した。

Next

GIGAZINEの建造物損壊事件は司法のバグなのか?

GIGAZINE. 後は後日。 警察としては「倉庫を故意に破壊した」という事実が無い限り事件としては立件はできません。 それ故共有部分で起きていると思われる漏電は遮断器がないので電柱のアース線に漏れていたのである。 さらにpandasの新バージョンリリースなど。 7月 - 複数人で記事を執筆する体制に移行。 はてなブックマークでも無類のブックマーク数を誇る人気サイトだ。 記事が書けなかったネタを、ヘッドラインと称するリンク集にして紹介している。

Next

「GIGAZINE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

その争点と証拠の整理を、口頭弁論期日外に行うために設けられた手続きが弁論準備手続である。 0のキーワードの1つ「集合知」を情報の選別に利用しようとするソーシャルサービスの問題点を検証する。 よって、建物については一応はGIGAZINEの所有と扱い得ることになります。 火災保険もかけているし、税金も払っている。 基本的に1記事で1つのを紹介する形式になっているが、「」と称してを集めた記事もほぼされている。 GIGAZINE倉庫ブロガーのヒラノ( )です。 その上、地主の欄には地主の判子があり、 父の署名の下にはなんと拇印が不鮮明に押されていた。

Next

「GIGAZINE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「100万円で話をまとめようとする」というのがどれだけ人をバカにした行為だったのかがわかってもらえるはずです。 GIGAZINE:漏電して停電しているから対応しろ マンションの管理会社:アース線を切断する許可は出せない 関西電力:原因はわかったけど他人の他人のマンションなのでどうしようもできない、最終的に威圧されてしまい他人のアース線を切断してしまう 警察:事件性がないものは民事不介入 消防:緊急性がないのでどうすることもできない マンションの所有者:はい、対応します マンションの管理会社がマンションの所有者に連絡して対応してくれればすぐに解決する話でしたね。 解体業者との話し合いで警察に通報wwww -より引用 GIGAZINEが解体業者を主導していた会社に事実確認をするため電話すると「顧問的な存在の者」が電話にでる。 なぜこんな話をしたかと言うと、GIGAZINE倉庫破壊問題で話題のブログ「KEISUI ART STUDIO」で、 「GIGAZINE本社が漏電で停電したので関電と警察と消防を呼んだ」という記事を見つけたからです。 編集長はその場で 「ここはうちの名義になっているし、登記して権利を所有している。

Next

「GIGAZINE」最新質問一覧

「反社会的勢力の排除に関する誓約書」など物騒な言葉が出てきていますが、これは忘れましょう。 誤検出だと思うのですけれど、以下のように表示されます。 出来ない」と拒否。 この土地賃貸借契約書は、地主にとってやぶ蛇だったと言うべきか。 。 「被告人は無罪である」という無罪推定の原則から始まり、検察官が証拠を提出して被告人が犯罪者であることを立証します。

Next

「GIGAZINE」最新質問一覧

とはいえさらに先に進む米国メディアとあまりに動きの遅い日本メディアの差は広がるばかりだ。 さまざまなメディアに動画を掲載し、口コミによる宣伝効果の拡大を狙う。 気の短い室長はハサミを持ち出して振り回しながら携帯で私に電話をかけてきて怒鳴りまくる。 震災関連情報が集まったTogetterなどのネットサービスもユーザー数が増えた。 その後も解体が続いており、現在係争中。 参考: 「土地は私のものだ!」ってまさにGIGAZINE編集長の祖父が生前言っていた「この土地は永遠に俺のものだ。 これについては古い話になるので現在と常識の認識が違うかもしれませんが。

Next