キ イジョウ ロウ ホトトギス。 ジョウロウホトトギスの育て方

ホトトギスの苗〜開花までの育て方!栽培時期や病害虫の対策など|育て方Labo(育て方ラボ)

ジョウロウホトトギスの仲間には、キイジョウロウホトトギス( T. ishiiana var. 昨年5月からは会員が自宅で育てた苗を一枚岩センターで販売して好評で、和歌山市の県民交流プラザにも広げていた。 昼前でも薄暗い谷の中、一輪一輪が光を放っているようだ。 乾きやすい時は朝もやります。 不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。 牧野はこれら2種に違いがある旨を述べており、学名はこの種であるが、図版は本種のものを取り上げている。 庭植えの場合は夏に日陰になる場所を選びます。

Next

CiNii Articles

5月~6月頃に 葉を3~4枚つけた2節程の長さに茎を切り取り、下の方の葉を取り除いて市販の挿し木用の土などを利用して挿すと良いでしょう。 茎は高さ40~80センチメートル、上部は下に傾き、普通は淡褐色の粗い毛がある。 キイジョウロウホトトギス(T. ホトトギス属は大きく4つのグループ(節)に分けられる。 ジョウロウホトトギスは花の形がじょうろう状なことからですが 他にも何種類かあるようです。 佐竹他 1982 ,p. 一枚岩の岩壁にもキイジョウロウホトトギスが咲くと聞いて目を凝らしてみたが、黄色に染まったようなところは見つからない。 Geobot. この植物そのものはかなりたくましいようです。 数年経ったら見栄えのしない花だらけ…なんて事にもなり兼ねないので、 未成熟の段階で種子を摘むなどの対策を講じた方が良いでしょう。

Next

ジョウロウホトトギス(じょうろうほととぎす)とは

田上さんの住む洞尾はかつて30戸あったが、一時は4戸までに減少した。 However, automatic self-pollination rarely occurs even when much pollen stays on the anthers in the female-stage flowers. 少なくともキイジョウロウホトトギスは4日間, スルガジョウロウホトトキスは3日間一様に花蜜を出すように見える。 下垂型の花ではハチはほとんど下方の葯にしか触れないので, もし外向裂開であればその直下を通過したときにだけ効率よく花粉を受け取られるであろうが, 側裂開で葯の向きを自由に変えられる丁字着のため, 側方の葯からも花粉を拭き取られるようである。 なお、英名はToad Lily(ヒキガエルのユリ)で、これは花の斑点をヒキガエルの斑点に見立てたとされています。 茎は分枝しない。 11月~12月頃に採取した種子を乾燥した状態で保存して 翌年2月~3月頃に蒔きますが、こぼれダネが発芽して勝手に増える事も多いです。

Next

キイジョウロウホトトギス/茶花・山野草販売

その後、古座川町の後押しも得て古座川キイジョウロウホトトギス愛好会が発足、自生地と少し離して育成地を設けている。 葉の基部は両側とも耳状で、これは葉の基部が茎を深く抱く形になることによる。 花被片 かひへん は倒披針 とうひしん 形で、鮮黄色、内面に紫褐色の斑点 はんてん がある。 こうした新住人もキイジョウロウホトトギスの鉢栽培を始め、これからは古座川寄りの石垣を使って育てるという。 スポンサーリンク 1. 自転車を停め、踏み跡をたどって谷に下りると、流れの対岸の垂直の漆黒の岩壁を一条に落下する滝が全貌を現わした。

Next

スルガジョウロウホトトギス

ishiiana があり、さらにこの種の変種スルガジョウロウホトトギス var. 開花時期:7月~10月頃(品種により異なります) 流通形態 通常は 3号ポット程度の苗で販売され、価格は品種などにより異なり300円台~1,500円程度と言ったところでしょうか。 特徴 日本には10種ほどのホトトギスの仲間(Tricyrtis)が自生していますが、ジョウロウホトトギスは、四国の太平洋側の地域に特産する種類で、山地の渓谷の湿った岩場や崖に見られます。 ユリ科(APG分類:ユリ科)の多年草。 日当たり:半日陰~日陰• キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑)は、艶やかな葉の上に上品な黄色い花を崖から下垂して咲かせるホトトギスの仲間の多年草です。 両者ともに登録防除薬剤がありませんので、発見次第、抜去するしかありません。 植え替えは毎年2月~3月に行い、を根に触れないように入れて植え込みます。

Next

キイジョウロウホトトギス/茶花・山野草販売

優雅な花姿から「山里の貴婦人」ともいわれています。 上記のように鑑賞価値の評価が高いため、自生地では年々減少し、採集困難な場所にしか残されていない。 花柱は3裂して放射状に広がり、さらに先端がY字形に2裂し、柱頭となります。 このキイジョウロウホトトギスのきいは 紀伊半島のきいからの名前です。 植えつけ かなり湿気を好む植物ですが、かと言ってビチャビチャの土壌が良いわけでもありません。 牧野 1961 では両者は同種とされ、変種等の扱いさえされていない。

Next

ジョウロウホトトギスの育て方

Koyama Ohwi et Okuyama var. 『紀伊続風土記』に「黄杜鵑草(きのほととぎすそう)、那智山中に産する奇品なり」とあるのは本種のこととされる。 種子での増やし方 種子からも増やす事が可能です。 例えば、「鳴いて血を吐くホトトギス」で馴染み深い夭折の俳人・正岡子規の雅号である子規もホトトギスの異名で、これは中国の故事「杜鵑の吐血」にちなんだと言う事なので、こちらも実際に野鳥と植物を見比べながら命名したのでは無いのかも知れませんね…。 昨年の台風被害などの影響で今年は扱えなかったが、「コケやシダなどキイジョウロウホトトギスを引き立てる植物を配するなど工夫を加えて伸ばしていきたい」と愛好会副会長の田上さんは話している。 花被片は長さ40mm程度、黄色で内側に紫褐色の斑点がある。 和名はジョウロウホトトギスに似て紀伊半島に産するため。

Next

山好き、花好き: ジョウロウホトトギス

植え替えと増やし方 植え替えと増やし方 植え替えは、まだ寒さの残る 2月~3月頃に行います。 そういう形で、地元の活性化に役立てばいいと思う。 またこれらの種はホトトギス属の中で花が下を向くこと、外花被片が幅狭くて基部に距を持つなど他の種に見られない特徴があることからジョウロウホトトギス属 Brachycyrtis を立てる説もあった。 山里の貴婦人「キイジョウロウホトトギス」の花が咲き始めました。 茎の先端からは1-2個生じる場合もある。

Next