鹿島 アントラーズ。 試合日程・結果:Jリーグサントリーチャンピオンシップ 第2戦:鹿島アントラーズ vs ジュビロ磐田

野沢拓也

に行われた戦()では、自身初となるも達成した。 ディープレッド• 1,000 1994. アントラーズは、第1戦で退場した鈴木隆行の代わりに平瀬がスタメンに入り、それ以外に変化はない。 例えば、半数がベンチ入り可能だったとして、クラブ側は、営業面を考えれば行いたいでしょうし、勝敗を考えれば行いたくないでしょう。 ラジオ中継• 鹿島アントラーズオフィシャルサイト 2006年11月30日. そこもすべて含めてチーム力だと思うので、その部分をもっと強く鍛えていかなければいけないと思う。 両サポーターの応援でスタンドが地震のように揺れる中、ジュビロののキックオフで、いよいよ歴史に残る試合がスタート。

Next

鹿島アントラーズの年度別成績一覧

出場回数:3回• Jリーグが開幕した以降、所属した外国籍選手は「」を利用して獲得した人選手以外は全員ブラジル人選手である。 2試合0得点• は広島と対戦し、2点をリードするも終了間際に追いつかれ、PK戦の末に敗れた。 それでも、JSL2部のチームを母体に参戦した唯一のJリーグクラブながら、開幕戦の圧勝から1stステージ優勝に至る快進撃によって、鹿島町は「サッカーの町」として全国的に認知され、周辺人口の少なさから低調な観客動員が危惧されていたカシマサッカースタジアムは毎試合超満員となり、チケット入手が非常に困難なスタジアムとして知られるようになった。 国際試合 [ ] FIFAクラブワールドカップ [ ]• 6月に行われたの日本代表にと、にイ・ジョンスが選出され、イ・ジョンスは本大会で2得点を記録。 結局、パウロ・アウトゥオリは1年で監督を退任した。 女子U-18 監督 1969-08-13 DF 000000001992-01-01-0000 1992 000000001992-12-31-0000 1992 0 0 現役引退 1969-04-20 DF 000000001992-01-01-0000 1992 000000001992-12-31-0000 1992 0 0 現役引退。 2015年以来2年ぶりの王座奪還を目指したは、ACL出場のためノックアウトステージから出場 、準々決勝は仙台と対戦した。

Next

wheelmeon.orgでのアントラーズ公式チャンネル配信開始について

補強としてから、京都から、のからを完全移籍で、さらにから、を獲得。 LED帯状映像装置 [ ]• 7月にはアレックスが、佐々木竜太が栃木へレンタル移籍した。 茨城県:、、、、、• League yearbook 2011』日本プロサッカーリーグ、2011年。 その鋭い枝角で勇猛果敢に立ち向かい勝利を目指すという意味も込められている。 これは鹿島アントラーズとだけである。 2009年5月10日の戦で、来場客から回収した食用油を精製し、チームトラックの燃料に活用する取り組みが行われた。 Jリーグ初出場 - 1999年4月10日 J1 1st第6節 対戦• 7)で放送中のクラブ公式ラジオ番組「アントラーズラウンジ」の再放送も実施します。

Next

鹿島アントラーズの年度別成績一覧

2001年 柳沢敦 クラブ記録 [ ] 記録名 記録 試合 備考 連続無敗記録 J1 17試合 2009年 第3節 広島戦(カシマ)- 2009年 第19節 柏戦(カシマ) 連勝記録 J1 16連勝 1998年 2nd第5節 福岡戦(博多球)- 1999年 1st第3節 広島戦(国立) リーグ最高記録(2018年時点) 連敗記録 J1 8連敗 1999年 1st第13節 浦和戦(国立)- 1999年 2nd第4節 C大阪戦(カシマ) 最多得点試合 J1 7 - 0 1997年8月9日 2nd第4節 名古屋戦(カシマ) 7 - 2 2005年8月24日 第20節 新潟戦(カシマ) 7 - 0 2012年5月19日 第12節 札幌戦(カシマ) Jリーグ杯 7 - 1 1992年10月3日 GL第7節 名古屋戦(瑞穂球) 7 - 0 1997年10月18日 準々決勝第2戦 札幌戦(カシマ) 天皇杯 8 - 1 1992年12月5日 1回戦 新日鐵八幡戦(愛媛) 国際大会 16 - 0 1999年10月23日 ACC 2回戦 バレンシア戦(ひたちなか) クラブ最多得点記録 最多失点試合 J1 0 - 7 1995年5月3日 1st第13節 平塚戦(平塚) クラブ最多失点記録 Jリーグ杯 3 - 4 1992年9月23日 GL第5節 横浜M戦(国立) 1 - 4 1992年9月26日 GL第6節 清水戦(笠松) 2 - 4 1997年3月8日 GL第1節 C大阪戦(カシマ) 0 - 4 2003年11月3日 決勝 浦和戦(国立) 2 - 4 2013年3月23日 GL第2節 対F東京戦(カシマ) 1 - 4 2016年3月27日 GS第2節 対神戸戦 ノエスタ 天皇杯 2 - 6 1994年1月1日 決勝 横浜F戦(国立) 国際大会 1 - 4 1999年4月16日 ACWC 準決勝 全南戦(国立) 3 - 4 2003年3月12日 ACL GL第2節 上海申花戦(スパチャラサイ) 1 - 4 2009年3月11日 ACL GL第1節 水原三星戦(水原) 3 - 4 2015年3月18日 ACL GL第3節 広州恒大戦(天河) 2 - 4 2016年12月18日 FCWC 決勝 レアル・マドリード(横浜国際) 0 - 4 2018年12月22日 FCWC 3位決定戦 リーベル・プレート(ザイード・スポーツシティ) 最少被シュート数 J1 0本 2009年11月8日 第31節 山形戦(カシマ) リーグ初記録 通算勝利数 [ ] J1リーグ戦通算勝利数 通算勝利 試合 備考 初勝利 1993年5月16日 サントリー第1節 名古屋戦(カシマ) 100勝 1997年4月12日 1st第1節 神戸戦(カシマ) 200勝 2001年11月17日 1st第14節 東京V戦(カシマ) リーグ最速記録 300勝 2007年11月24日 第33節 浦和戦(埼玉) リーグ最速記録 400勝 2014年3月8日 第2節 仙台戦(カシマ) リーグ最速記録 500勝 2019年7月6日 第18節 磐田戦(カシマ) リーグ最速記録 通算得点 [ ] 公式戦通算得点 通算得点 試合 選手名 備考 初得点 1992年9月5日 ナビスコ杯 GL第1節 横浜F戦(笠松) 500得点 1997年9月27日 J 2nd第15節 横浜M戦(カシマ) 1000得点 2002年12月15日 天皇杯 3回戦 東京学芸大戦(カシマ) 1500得点 2009年4月22日 ACL GL第4戦 SAFFC戦(カシマ) 2000得点 2015年7月25日 J1 2nd第4節 F東京戦(カシマ) J1リーグ戦通算得点 通算得点 試合 選手名 備考 初得点 1993年5月16日 サントリー第1節 名古屋戦(カシマ) 100得点 1994年5月18日 サントリー第17節 名古屋戦(カシマ) 200得点 1995年8月16日 ニコス第2節 磐田戦(磐田) 300得点 1996年10月30日 第27節 磐田戦(カシマ) 400得点 1998年4月11日 1st第5節 柏戦(国立) 500得点 1999年9月23日 2nd第10節 市原戦(国立) リーグ最速記録 600得点 2001年9月29日 2nd第7節 名古屋戦(カシマ) リーグ最速記録 700得点 2003年10月18日 2nd第10節 清水戦(カシマ) リーグ最速記録 800得点 2005年10月1日 第26節 千葉戦(カシマ) リーグ最速記録 900得点 2007年8月12日 第19節 甲府戦(小瀬) 野沢拓也 リーグ最速記録 1000得点 2009年4月29日 第8節 神戸戦(カシマ) リーグ最速記録 1100得点 2011年5月21日 第12節 浦和戦(埼玉) リーグ最速記録 1200得点 2013年4月6日 第5節 C大阪戦(カシマ) 1300得点 2014年9月23日 第25節 仙台戦(ユアスタ) リーグ最速記録 1400得点 2016年6月11日 1st第15節 浦和戦(埼玉) リーグ最速記録 1500得点 2018年7月22日 第17節 柏戦(カシマ) 土居聖真 リーグ最速記録 Jリーグ杯通算得点 通算得点 試合 選手名 備考 初得点 1992年9月5日 GL第1節 横浜F戦(笠松) 入井和久 100得点 1999年6月19日 2回戦第2戦 G大阪戦(秋田陸) 長谷川祥之 200得点 2007年10月13日 準決勝第2戦 G大阪戦(カシマ) 天皇杯通算得点 通算得点 試合 選手名 備考 初得点 1992年12月5日 1回戦 新日鐵八幡(愛媛陸) 長谷川祥之 100得点 2002年12月28日 準決勝 市原戦(長居) 200得点 2015年9月9日 2回戦 琉球戦(カシマ) 個人記録 [ ] 記録名 選手名 記録 試合 備考 最年少出場 J1 17歳7ヶ月29日 1999年4月10日 1st第6節 京都戦 最年長出場 J1 41歳3ヶ月12日 1994年6月15日 サントリー第22節 磐田戦 最年少得点 J1 17歳11ヶ月22日 2006年3月21日 第4節 甲府戦 最年長得点 J1 ジーコ 41歳3ヶ月12日 1994年6月15日 サントリー第22節 磐田戦 連続試合得点 J1 7試合 2008年8月16日 第21節 東京V戦 - 10月1日 第26節 大宮戦 シーズン連続得点 J1 17シーズン 1999年 - 2015年 シーズン最多得点 J1 28得点 1994年 リーグ得点王 J1 マルキーニョス 21得点 2008年 ハットトリック [ ] 記録名 選手名 試合 備考 J1 4得点 1998年4月4日 1st第4節 京都戦 3得点 ジーコ 1993年5月16日 サントリー第1節 名古屋戦(Jリーグ開幕戦) リーグ初記録 アルシンド 1993年6月19日 サントリー第11節 名古屋戦 1995年8月26日 NICOS第5節 G大阪戦 1997年4月12日 1st第1節 神戸戦 長谷川祥之 1997年9月20日 2nd第13節 平塚戦 柳沢敦 1998年5月5日 1st第11節 磐田戦 2000年4月29日 1st第9節 神戸戦 2004年9月18日 2nd第5節 磐田戦 柳沢敦 2006年3月5日 第1節 広島戦 2006年9月24日 第24節 FC東京戦 野沢拓也 2006年12月2日 第34節 磐田戦 マルキーニョス 2010年9月18日 第23節 大宮戦 2012年10月6日 第28節 F東京戦 2017年9月16日 第26節 新潟戦 Jリーグ杯 3得点 長谷川祥之 1992年10月3日 第7節 名古屋戦 ジーコ 1992年10月11日 第9節 広島戦 1997年10月18日 準々決勝第2戦 札幌戦 天皇杯 3得点 黒崎比差支 1992年12月5日 1回戦 新日鐵八幡戦 2005年11月3日 4回戦 ホンダロック戦 2012年9月8日 2回戦 筑波大戦 2019年9月25日 ラウンド16 横浜FM戦 国際大会 4得点 平瀬智行 1999年3月3日 3回戦第2戦 サラワク戦 3得点 長谷川祥之 1999年3月3日 ACWC 3回戦第2戦 サラワク戦 柳沢敦 1999年10月23日 2回戦第1戦 バレンシア戦 鈴木隆行 1999年10月23日 ACC 2回戦第1戦 バレンシア戦 マルキーニョス 2008年3月12日 GL第1戦 クルン・タイ・バンク戦 2013年8月7日 サンパウロ戦 観客 [ ] リーグ戦年度別観客数 [ ] 年度 試合 総観客 平均観客 1993 18 252,291 14,016 1994 22 369,862 16,812 1995 26 497,665 19,141 1996 15 230,789 15,386 1997 16 271,765 16,985 1998 17 260,866 15,345 1999 15 255,741 17,049 2000 15 262,603 17,507 2001 15 336,377 22,425 2002 15 323,855 21,590 2003 15 318,064 21,204 2004 15 263,777 17,585 2005 17 316,897 18,641 2006 17 262,365 15,433 2007 17 276,058 16,239 2008 17 335,140 19,714 2009 17 367,486 21,617 2010 17 356,430 20,966 2011 17 274,655 16,156 2012 17 261,484 15,381 2013 17 279,115 16,419 2014 17 300,310 17,665 2015 17 279,185 16,423 2016 17 324,759 19,103 2017 17 347,942 20,467 2018 17 330,376 19,434 2019 17 349,678 20,569 観客動員記録 [ ] ホームゲーム最多観客動員試合 大会 入場者数 試合 J1 39,684人 2003年7月5日 1st第11節 磐田 Jリーグ杯 19,127人 2019年10月13日 準決勝第2戦 川崎 40,115人 2001年12月8日 第2戦 磐田 ACL 35,022人 2018年11月3日 決勝第1戦 ペルセポリス 大会 入場者数 試合 J1 51,575人 1999年5月5日 1st第11節 磐田 Jリーグ杯 18,009人 1992年9月9日 GL第2節 V川崎 CS 53,553人 1994年1月16日 第1戦 V川崎 ACL 11,951人 2011年5月3日 GL第5戦 上海申花• となった試合は扱い。 息苦しいようなスリリングな戦いはまだ続いている。 スカウト担当 1970-09-10 FW 000000001992-01-01-0000 1992 000000001992-12-31-0000 1992 0 0 現役引退 1971-01-31 FW 000000001992-01-01-0000 1992 000000001998-12-31-0000 1998 97 21 現役引退。 2017年12月14日閲覧。 2020年J1第1節終了時点• その中で、気になったのは日刊の記事に書かれていたゲームが開催出来る条件です。 では、小笠原に代わり司令塔に指名されたが開幕直前のプレシーズンマッチで負傷。 5,000 1998. しかし、川淵の(住金の参加を諦めさせる最後の手段であった)「観客席に屋根の付いた1万5000人収容のサッカー専用競技場を建設できるなら考えましょう」の発言 を受けて茨城県がの建設を決定。

Next

鹿島アントラーズの年度別成績一覧

2014年4月26日閲覧。 2007年 チームスローガン: FOOTBALL DREAM'07 - 魂 Spirits - やサンパウロFCなどで監督を歴任したが監督に就任。 日本製鉄が、住友金属工業時代から70年以上にわたって持ち続けてきたクラブの経営権をメルカリに譲渡したのは、いわば時代の流れである。 2月27日、富士ゼロックス・スーパーカップは2年連続でG大阪と対戦し、PK戦による勝利で5度目の優勝と、同大会史上初の同一クラブ2度目の連覇を果たした。 天皇杯では2016年以来3大会ぶり新国立競技場での決勝に進出したが、元日に行われた神戸との決勝では前半18分に永木がペナルティーエリア付近でに奪われるとのシュート性のボールをクォン・スンテの弾いたボールが犬飼に当たってしまいオウンゴールで追う展開になると、38分に移籍した西の折り返しがまたしても犬飼がクリアしきれなかったボールをシーズン開幕戦で大分の一員として鹿島スタジアムで2ゴールを奪ったに押し込まれて移籍元である大分時代から合わせてシーズン4発目を喰らい勝負あり。 だが、今年4月、新日鐵住金から日本製鉄に社名を変更。 1994年 - 1996年 鹿島アントラーズジュニアユース• また、鈴木はのへ移籍した。

Next

鹿島アントラーズの選手一覧

次はどこを、どのITベンチャーが狙うのか。 は第11節終了時に早くも5敗目を喫し順位を15位まで下げた。 決勝に進出した、初のアジアのクラブチームである。 2001年 秋田豊、 、 小笠原満男、 、 柳沢敦• 鹿島アントラーズオフィシャルサイト 2013年2月15日. 8月13日の川崎戦に敗れるもその後は2度目の5連勝、2位に8の勝ち点差を付けた。 (ACL)を優勝により20冠を達成したため、2019のユニホームからエンブレムの上に星が1つ増え2つになった。

Next