最 凶 の 支援 職 話 術士 で ある 俺 は 世界 最強 クラン を 従える。 最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える

オーバーラップ広報室 【特報】『最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える』書籍化&コミカライズ決定!

「最凶」であり「最強」。 「今からアルマには、ある 変異種 モンスター を捕まえてきてもらう」 変異種 モンスター とは、 深淵 アビス の影響を受けて変異を遂げた、動植物たちの総称だ。 ローブの下に着ていたのは、白いレオタード状のレザースーツ。 だが、向上した能力を使いこなせるかは、掛けられた本人にかかっている」 「あ。 全部捕まえちゃったけど、実験はまだ続ける?」 首を傾げるアルマに、俺は苦笑した。

Next

最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 1|じゃき, fame|キミラノ

「大丈夫、悪いアンデッドじゃないよ?(にこっ)」 「「「ひいいいいいいっ!?」」」 「……なぜだ」 これは、世界を滅ぼすつもりなど毛頭ない最強のアンデッドと、彼に(勝手に)恐れおののく人類の、滑稽な戦いの物語である。 そして、とっても真面目ですごく良い子なの! ちょっと抜けてるところもあって..... 「気分はどうだ?」 「不思議な感覚。 それがそんじょそこらの温い作品とは違い、暴力と抗争マシマシなヤバめの世界と合わさり独自の面白さを築いているのがこの作品である。 いくらアルマが強くても、 壁役 タンク も無しに潜るのは危険過ぎるからな。 どこか抜けている暗殺者の血を引く美女、強力な戦技と脆い心を併せ持つライバル、果ては収監されている猟奇殺人鬼まで、集うのは個性豊かな最強の英傑たち。 領主の助けを待っていては、その前に集落は大打撃を被るし、最悪滅びてしまう。

Next

ありふれた職業で世界最強 10|オーバーラップ文庫

しかし、祖父の遺志を継ぎ、類稀なる才略をも開花させた彼は最強への道を見出す。 紙質は悪く、少し馬糞の臭いがする。 針葉樹が鬱蒼と茂るこの森には、たくさんの野生動物が住んでおり、帝都に住む狩人たちにとって絶好の狩場となっている。 実際、元メンバーの三人だと、最も能力が優れていたロイドが、一番適応できるまで時間を要した。 まず、自衛手段に乏しいせいで、生き延びることすら難しいのに、戦闘を掌握しパーティを勝利に導くなんて、離れ業もいいところだからな」 「でも、ノエルにはできるんでしょ?」 「できなければ、とっくに死んでいるよ。 その中央には、神秘的なコバルトブルーの湖がある。

Next

読書感想:最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える1

「冗談じゃないわ! 人間の男が私の教育係だなんてどういう事なの!?」 などと最初は疎まれながらも少しずつ親交を深め、フレイは個性的な教え子たちと共にその目的への道を歩んでいく。 集中して気配を探ると、穴倉や草陰に潜む息づかいが、いくつも感じ取れた。 三秒経過。 うーん不思議です癖になります。 更に俺が二つの 支援 バフ を掛けるから、その状態で十秒の間に、一匹以上捕まえてくるんだ。

Next

やまだ書店/ヤマダポイントが使える電子書籍サイト

前者二つは滅多にある仕事ではないが、後の二つは一般的なものだ。 「たしかに、アルマの実力なら、危険な 鉄角兎 キラーラビット も難なく捕まえられるだろう。 報酬で動く傭兵であっても仁義を通す彼の流儀が惚れ惚れするんだ。 ストップウォッチボタンを押した時計の針が、コンマ単位で時間を刻んでいく。 内容としては、 主人公と魔王の娘の日常のような話なのですが… 主人公は普通の人間です。 (ちなみに、 私は個人的に見限る系作品と読んでいます) 簡単なこのジャンルのテンプレな流れを説明すると… 1,主人公と、主人公にパワハラレベルで強く当たる幼馴染。

Next

最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える

しかし、祖父の遺志を継ぎ、類稀なる才略をも開花させた彼は最強への道を見出す。 とっても面白い。 その特性から、本体の防御力に意味は無いため、動きやすさと通気性を重視したデザインをしているのだろう。 ライバルクランの一員でありながらも彼を気に掛けるリーシャ(表紙右)。 支援職 バッファー がパーティの司令塔を務め、戦闘をコントロールすればいい。

Next