日産 デイズ。 〈日産デイズ〉ファーストカーたり得る走りと機能性【ひと目でわかる国産新型車の魅力】軽自動車レビュー|軽

デイズの中古車|日産公式中古車検索サイト

同時に、オーテックジャパン扱いの「ボレロ」、「ライダー」、「助手席回転シート」、「助手席スライドアップシート」についてもカタロググレード同様の一部改良を行った。 8m グレード名 新車価格(税込) 143. 「ハイウェイスターJ」はeKカスタムに該当するグレードがないアイドリングストップシステム非装備の廉価グレードである。 オーナーのコメントを見てみましょう。 ナビとエンジン性能を考えると高い これがデイズの車両本体価格です。 価格なりのグレード感も勿論あるが、しっかりしたシートと運転時の操作性の良さが個人的な好印象点。

Next

日産 新型デイズ 試乗│軽自動車とは思えない質感、走行性能も圧倒的に向上(1/2)

・ 勝者: 新型デイズ 両車ともに歩行者を検知できる緊急自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)を採用する。 ボディカラーは茶系の「モカブラウンパール(特別塗装色)」を「アッシュブラウンメタリック(特別塗装色)」に、銀系の「クールシルバーメタリック」を「スターリングシルバーメタリック」にそれぞれ入れ替え、ハイウェイスター専用色の「スカーレットメタリック」を廃止する替わりに、「X」及びハイウェイスター専用色として「プレミアムオリーブメタリック(特別塗装色)」が追加された。 両車ともに背の高い軽自動車とあって、広い荷室を備える。 デイズの場合、大人数人で長距離で乗るような場合には向いていないようですね。 必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。

Next

日産新型「ルークス」と「デイズルークス」はどう違う? 新旧モデルを徹底比較

プロパイロットを含む高度な先進安全機能 3. 16台• また、荷物もかなり乗るのでちょっとしたキャンプなどには最適な車です。 しかし、残り5割の人は満足していません。 また、価格を「悪い」と評価した人たちは 「見た目重視の車」 「エンジン性能を考えると高い」 さらに、このような点に満足していません。 グリルのメッキがいやらしくない 主にこの3点を評価しています。 さらに運転支援機能、SOSコール、サイド&カーテンエアバッグなども採用して、安全性と快適性を小型車の平均水準と同等か、それ以上に高めている。

Next

日産 新型デイズ 試乗│軽自動車とは思えない質感、走行性能も圧倒的に向上(1/2)

しかし新型デイズの後席に装着されたスライド機能は左右一体型で、ワゴンRのような使い方はできない。 新型デイズは購入価格が乗り出しで180万円以上。 プレスリリース , 日産自動車株式会社 , 2014年12月4日閲覧。 お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、整備状況(タイヤの空気圧等)に応じて値は異なります。 具体的にどんな点に満足していないのでしょうか。 デイズ NAエンジン カタログ燃費:29. 2016年6月21日 国土交通省による再確認結果を公表した。

Next

日産 デイズ

8〜 89. *9 感じ方には個人差があります。 特にエクステリアとインテリアが魅力的 総合評価の評価はまずまずで、半数の人は「良い」と評価しています。 今時の軽自動車は高いものの、デイズの価格は 装備や性能を含めると妥当だと考える人が多いようです。 20代 女性のデイズ DBA-B21W についての口コミ 沖縄県読谷村 在住/未婚"単身" 5段階評価 ・外装 :3点 ・内装 :5点 ・走行性能:5点 ・乗り心地:5点 ・取り回し:5点 ・経済性 :3点 ・積載量 :5点 ・総合 :5点 良い点 室内空間などは軽自動車にしては広く乗り心地が最高でした。 2013年6月4日 三菱がeKとデイズのハイマウントストップランプに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。 *4 わき見運転やぼんやり運転などの前方不注意および雨・霧などの視界不良による危険を回避するものではありません。 8〜 125万円 145. デイズ NAエンジン カタログ燃費:29. 660 X モカセレクション• そのほか、このクルマの特別仕様車については、2017年1月発売モデルにラインナップされている「ボレロ(Jベース)」や、2017年4月発売モデルにラインナップされている「X モカセレクション」「ハイウェイスター X プレミアムセレクション」などがあります。

Next

欠点はここ!日産デイズの口コミ評価・評判

魅力的なテクノロジーがたくさん搭載された、使い勝手のいい車だと思います。 運転席、助手席の間も離れているので圧迫感も感じられない。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2019年11月13日 , 2019年11月13日閲覧。 ボディカラーはホワイトパール3コートパール(特別塗装色、カラーコードは初代のからに変更)、スパークリングレッドメタリック(カラーコードは初代のからに変更)、ブラックパール(カラーコードは初代のからに変更)、ホワイト(標準車専用、カラーコードは初代のからに変更)、ブロッサムピンクメタリック(標準車専用、カラーコードは初代のからに変更)、プレミアムオリーブメタリック(標準車専用、特別塗装色)、チタニウムグレーメタリック(ハイウェイスター専用、特別塗装色、カラーコードは初代のからに変更)の計7色を初代モデルから踏襲されたほか、初代では共通色だったスターリングシルバーメタリックとアッシュブラウンメタリック(特別塗装色)を標準車専用色に、プレミアムパープルパール(特別塗装色、カラーコードは初代のからに変更)をハイウェイスター専用色にそれぞれ移行し、初代ではハイウェイスター専用色だったオーシャンブルーパール(カラーコードは初代のからに変更)は標準車でも設定が可能となり、共通色のプレミアムサンシャインオレンジ(特別塗装色)は4コートメタリックからメタリックへ変更され、「S」はホワイト、スターリングシルバーメタリック、ブラックパールの3色のみの設定となった。 20代 男性のデイズ DBA-B21W についての口コミ 千葉県柏市 在住/既婚"配偶者・親・兄弟姉妹 計7人以上 " 5段階評価 ・外装 :4点 ・内装 :3点 ・走行性能:2点 ・乗り心地:2点 ・取り回し:5点 ・経済性 :3点 ・積載量 :4点 ・総合 :3点 良い点 営業車として乗っていました。 660 ハイウェイスターGターボ 4WD• 調査対象は2chや価格comなどの口コミサイトは当然として、情報の精度を上げる為に、 実際に購入した人にも聞いています。

Next

日産 新型デイズ 試乗│軽自動車とは思えない質感、走行性能も圧倒的に向上(1/2)

5m、ワゴンRは4. 0万円 143. ボディカラーはモノトーン4色に加え、「ハイウェイスター」とは異なるカラーバリエーション(ブロッサムピンクメタリック、ブラックパール、ソーダブルーパールメタリック・ルーフカラーは全てホワイトパール3コートパール)とした2トーンカラー3色も設定される。 同日、日産自動車ウェブサイトにティザーサイトが開設される。 加速が優れている• パワーが足りない その他の「悪い」評価の理由として、エコ重視のためかパワーが足りません。 新型ルークスの先代モデルは「デイズルークス」という名称で販売されていましたが、フルモデルチェンジを機に「デイズ」が外れ、先々代の名称であるルークスに戻りました。 信号待ちの時などに親が子供のケアをしやすく、車内の最後部には相応の荷室が確保され、ベビーカーなどを積みやすい。 はデイズハイウェイスター及びライダーのみ標準装備で、デイズではオプションでも設定なし(eKでは、カスタム全グレード並びにワゴンの「G(Safety Packageを含む)」・「T Safety Package」に標準装備、ワゴンの「M(e-Assistを含む)」は他の装備とのセットオプション設定)• 9〜 163万円 157. 最新車種だが安い• e燃費のサイトから毎月のデータを集計して、季節ごとの燃費を整理してみました。

Next